【新作】に挑戦!Blog of Om Doyok 

今回翻訳を始めたのはこの本、Mohammad Sholikhin著Kanjeng Ratu Kidul dalam Perspecktif Islam Jawaである。
Kanjengは尊称でRatuは女王、kidulは南を意味しているので、筆者(このページのオーナー)は「南海冥府の女王」と名付けた。
もともとジャワではヒンドゥー・仏教の教えが染みついていたのでイスラムのシーア派の影響が強く、この本の著者もシーア派の教えに傾いているようにおもえるのである。シーア派的な考え方がどのくらいジャワ社会に入っているかはこの本を読み進んでいくうちに明らかになるのではないか。さて、続けよう。

-------------------------------------------------------------------------------------------

ジャワ人は、南海の女王陛下はその将軍「南海冥府の女王」を使ってしばしば、王宮の使用人や兵隊を募集している、と信じている。募集に応じた人の一部は、ジャワ島南岸の海岸で泳いでいて、おぼれて行方不明になった人たちである。さらには、この人たちは南海の女王陛下の好む緑色、特に薄緑色の服を着ていた。(この話は、Khidirあるいはal-khadraは緑色を意味するので南海の女王とNabi Khidirとの関係を想起させる)

詳細はこちらからどうぞ!


You have no rights to post comments

Related Article

ログイン(Facebook&Email)でOK

Facebookアカウントからメンバーさんになることができます。メンバー特権といたしまして、さまざまなご優待券のプレゼントやインターネットからの特典もございます。例えば、男性専用Spa&Massage「MyPlace」20%E-Voucherをダウンロードできます。どうぞご入会ください。またメンバーの方々には、ご好評)週末にメールマガジン「週刊ジャカルタライフ」を送らさせていただいております。 1300名以上のメンバー様に楽しんでいただいております。よろしくお願いいたします。

Remember Me
Register
Facebook Login Twitter Login

Support SNS!

icon facebook 
line logo2 instagram jktlife news magazin logo3

(新)何でも人気ランキング

Events Calendar

9月 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
10月 2019
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

Latest Events

Twitter